【2019~2020年】ライトノベル新人賞まとめ! 人気レーベルから小説投稿サイトまでの新人賞の詳細を解説!

こんにちわ、巴瀬春哉(@tomosesese)です。

この記事を読んでいる方はライトノベル関連の新人賞について知りたいのだと思います。

今回は書籍を発売しているレーベルはもちろん、小説投稿サイトのコンテストも紹介していきます。

第16回MF文庫J ライトノベル新人賞

「めぐり、出逢う、おもしろさ!」がキャッチフレーズのライトノベルレーベル。

『僕は友達が少ない』や『緋弾のアリア』などの人気作品が排出された新人賞。

特徴

1年間に4回応募期間がある

賞のラインナップが豊富

応募者全員に評価シートが送られる

三次通過者以上は編集部に招待される

1年間に4回応募期間がある

第一期から第四期までの1年間を通して開催されています。

第一期:2019年6月30日応募締め切り   → 2019年10月25日選考発表

第二期:2019年9月30日応募締め切り   → 2020年1月25日選考発表

第三期:2019年12月31日応募締め切り → 2020年4月25日選考発表

第四期:2020年3月31日応募締め切り   → 2020年7月25日選考発表

第一期~第四期が1年間を通して開催されている。

3か月に一回という短いスパンで応募を受け付けているため、応募締め切りに間に合わなくとも3か月後にまた次の締め切りが来る。

賞のラインナップが豊富

大賞 : 正賞の楯と副賞 300万円

最優秀賞 : 正賞の楯と副賞 100万円

優秀賞 : 正賞の楯と副賞 50万円

佳作 : 正賞の楯と副賞 10万円

大賞が300蔓延、最優秀賞が100万円と大盤振る舞いの賞となっている。

ちなみに第一~第四期の選考を通過した中から入選が発表される。各期ごとに賞がもらえるわけではないため、そこは注意が必要だ。

だが、各期ごとに「チャレンジ賞」という賞がもらえる。

これは「活動支援費として合計6万円」用意されているらしい。

応募者全員に評価シートが送られる

応募規定違反を除き、応募者全員に評価シートが送付されるというありがたいサービス。

20項目点数制+コメント付きの評価シート

が送られるという。

この評価シートはコンテストによってまちまちであり、第二審査を通った人にしか送らないこともあるので、MF文庫Jの応募者全員に評価シートが送られるということは破格のサービスだ。

三次通過者以上は編集部に招待される

佳作受賞者だけではなく、三次通過者は担当編集が付き、受賞に向けてバックアップを受けることができる。

MF文庫Jのコンテストページへ

 

オーバー30歳主人公コンテスト

「30歳以上の主人公」が応募条件のコンテスト。

富士見L文庫×カクヨム

小説投稿サイト「カクヨム」に小説を投稿させて、応募する形式のコンテストだ。

小説を投稿しながらの参加ということもあり、読者からのレビューや応援のメッセージをもらうことができ、モチベーション維持に繋がる。さらに気軽に参加できる形式のため、比較的敷居が低い点もおすすめ。

特徴

主人公が30歳以上の物語のみ

読者選考と編集部選考の2つがある

スケジュール

応募受付期間:2019年7月5日(金)12:00~2019年9月2日(月)23:59

読者選考期間:2019年7月5日(金)12:00~2019年10月1日(火)23:59

最終選考対象作品発表:2019年11月上旬頃

最終選考結果発表:2019年11月末頃 「カクヨム」にて発表

※読者選考は、本コンテストのランキング上位の作品が選ばれる。読者選考期間中の読者による評価がランキングに反映される仕組みとなっている。

※応募受付期間を過ぎても作品の修正はできるが、応募受付期間終了時の状態での評価が下される。

大賞

富士見L文庫、もしくはKADOKAWA単行本として書籍化

特別賞(若干名)

書籍化を検討

応募方法

小説投稿サイト「カクヨム」に小説を投稿。そのさい、投稿ページにあるコンテストの応募欄にて『オーバー30歳主人公コンテスト』を選択し、公開することで応募が完了。

留意点

応募資格は、カクヨムに会員登録している個人のみ。

選考される作品は、応募受付期間終了時点までに本文:10万文字以上16万文字以下で完結している作品のみ(作品が完結した場合、小説情報ページの「完結」にチェックをつけること)。

『オーバー30歳主人公コンテスト』応募要項ページへ

 

第1回レジェンド賞

小説投稿サイト「セルバンデス」が開催するコンテスト。受賞作品は「全部傑作! ハズレなし」をコンセプトとしたレジェンドノベルから出版される。

特徴

ネクストファンタジーを取り扱った小説限定

開催期間が長い

未完結の作品でも選考対象となる

専任の作品発掘チームがいる

そもそもネクストファンタジーとは?

ネクストファンタジーとは、

レジェンドノベルスが提案する「ゲーム文化を背景としている」作品のことだ。

レジェンド賞では、ネクストファンタジー×異世界転生、ネクストファンタジー×デスゲームなど、他ジャンルとのかけ合わせがOKとされている

そのため、ゲーム文化が存在する作品なら何でもいいということだ。

もっと詳しいことが知りたいかたはこちらから。

スケジュール

応募開始:2019年6月14日 12:00

応募締め切り:2019年10月31日 10:00

受賞作発表:2020年2月頃(予定)

 

応募期間が4ヶ月以上と他の投稿サイトで開催されるコンテストと比べると長いです。

さらにまだ「セルバンデス」自体がサービスを開始して間もないため、参加ユーザーが少ないという点も含めて狙い目だ。

賞特典

レジェンドノベルスより書籍化

留意点

応募方法は、「セルバンデス」に投稿したのち、「レジェンド賞」のキーワードを設定することで応募が完了する。

最低文字数は、12万文字以上。応募締め切り時点で完結している必要はなし。

第1回レジェンド賞公式ホームページへ

 

まとめ

以上、私が注目する新人賞の紹介でした。

どの賞にもそのレーベルの特色があります。さらにライトノベル界隈の流行りのジャンルも賞に影響するため、どの賞が自分の作品と合っているのかを吟味して、臨んでただければと思います。

 

関連記事

おすすめの小説投稿サイトまとめ! -サイト別に特徴や人気ジャンルを解説してみた-

小説の書き方知っている? 読みやすい小説を書くテクニックやコツについて

 

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    巴瀬 春哉(ともせ しゅんや) 文芸とサブカルチャーが好き。 宮城県生まれ東京在住の22歳。 本には詳しくないが、本は好き。おもに映画、漫画、ゲーム、小説のことをブログに書いている。 ご連絡はお問い合わせからお願いします。