ガンビットってどんなゲーム? ゲームシステムや評判、遊んでみた感想を分かりやすく解説!

ガンビット

 

ガンビット
開発元:Asobism.Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ
 
こんにちわ、巴瀬春哉(@tomosesese)です。
今回は「ガンビット」というゲームを紹介していきます。
 
ガンビットはアソビズムの森山スタジオの新作アプリゲームで、2019年5月にリリースが開始されました。
ガンビットがどんなゲームか簡単に説明すると、
 
●プレイヤーを自由に動かすゲームシステム ●無料でも十分に遊べる! ●スタミナなしで無限に遊べる! ●登場キャラクターが個性的
 
アソビズムの森山スタジオは、「ドラゴンポーカー」や「城とドラゴン」といった人気ゲームアプリを開発していたゲームチームということで、「ガンビット」のクオリティには安心して期待が寄せることができる。
 
 
ドラゴンポーカー

 

ドラゴンポーカー
開発元:Asobism.Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ
 
城とドラゴン

 

城とドラゴン
開発元:Asobism.Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ
 
 
群雄割拠のゲームアプリ業界。
遊ぶ側もどのゲームが自分に適しているか見極めるのも大変です。
まさに今は、ゲームアプリ戦国時代といっても過言ではないでしょう(適当)
 
では、ガンビットはどんなゲームで、どんな遊び方ができるのか?
 
 

そこんところをまるっと紹介していきます!

 
 

ガンビットとは

 
 
 
2019年5月にリリースされた『ガンビット(GUNBIT)』
〈未体験の超絶ジオラマバトル!〉がキャッチコピー。
そのキャッチコピーに負けない、他のゲームではまず見ないゲームとなっている。
 
本作は、プレイヤーとともに「ビット」というキャラクターを召喚して、敵プレイヤーと戦う対戦型リアルタイムアクションゲームとなっている。
「ガチバトル」「ニワトリ泥棒」「バトルロワイヤル」「攻城バトル」の4種類のルールが用意されており、遊び方が豊富ということが特徴だ。
あと、ビットの鳴き声がとても面白い。
 
ガンビット

 

ガンビット
開発元:Asobism.Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ
 

簡単かつ奥が深いゲームシステム。指1本、タップ操作でバトルする!

「ガンビット」のゲームシステムは簡単だが、奥が深い。

基本の操作は画面をタップしてキャラクターを動かすだけ。

攻撃もオートでしてくれるので、楽ちんです。

さらに「ビット」と呼ばれるキャラクターを召喚することによって戦術に深みが出て、面白さが増す。「ビット」召喚については後述。

タップ操作とバーチャルパット操作の2つを選ぶことができる。

バーチャルパッド操作は、画面左で移動、画面右で攻撃をすることができます。

この場合、タップ操作で可能だったオート攻撃機能はなくなり、画面右をタップして攻撃を繰り出さなければならない。

自分で操作しないとゲームしている気がしない! という人におすすめです。

戦略を問われるバトルシステム。プレイヤーと「ビット」を駆使して戦え!

「ガンビット」のバトルシステムは、プレイヤーの直接攻撃と「ビット」召喚の2つに分けられます。

まずはプレイヤー。

これは自分が直接操作するキャラクターです。

着せ替えをすることができ、ガチャなどで服装を替えることができる(上の画像はデフォルトのもの)。

このように「カオ」「アタマ」「カラダ」「色」「ボイス」「ポーズ」の6種類の組み合わせで着せ替えをすることができ、他のプレイヤーとは違う自分だけのキャラクターを作ることができる。

「ビット」――プレイヤーが任意で召喚することができるキャラクター。

職業――プレイヤーが身にまとうもの。60秒間、選んだ職業(剣士や武闘家)に変身することができ、攻撃力や防御力を上げることができる。特殊攻撃を繰り出すことができる。

モンスターーーオートで敵を攻撃するキャラクター。アーチャーやゴブリンなどの種類がある。複数呼び出すことが可能という特徴がある。

乗り物――プレイヤーが乗ることができるキャラクター。ドラゴンや馬などの種類がある。乗らなくてもオート攻撃をしてくれるという特徴がある。乗ると、特殊攻撃を繰り出すことができる。

キャラクターは、この3種類に分けられている。これらを駆使して、バトルをしていく。

 
ビットを召喚するにはコイン(上の画像の左に積まれているもの)を消費しなければならない。初めの持ち数は6つ。一定時間が経つと1つ回復する仕様となっている。
ビットによって消費するコインの数が違うため、敵との相性などを考慮して召喚しなければならない。
 
 

バトル時に使用できるビットはランダムで選出されます。その際、リトライボタンを押せば、またランダムにビットが選出されて選び直しができる。全体のビットのバランスや相性を考えて選ばなければならないため大切な工程。

対戦相手はプレイヤー! 1vs1が熱い〈ガチバトル〉

「ガチバトル」は1vs1のバトル戦だ。

対戦相手は自分と同じで「ガンビット」をプレイしているプレイヤー。

リアルタイムで対決することができる。

ルールは簡単。相手プレイヤーのHPを0にすること。

HPを減らすためには、プレイヤーの直接攻撃か、ビットを召喚しての攻撃が必要となる。

フィールドはリングのようになっていて、場外にでるとペナルティをくらう仕組みとなっている。

相手より先に2勝したほうが勝者となる。制限時間は1戦1:30となっていて、時間が終了した時点でどちらもHPが残っている場合、HPが多い方が勝ちとなる。

ただし、試合を通して呼び出せるビットには限りがあり、最終戦で呼び出せるビットがないということになってしまうため、慎重な戦略が必要。あえて、最初の勝ち星は譲り、ビットは召喚せずに相手のビットを消費するという手もあるので、心理戦でもある。

巴瀬
巴瀬
 
 

操作は簡単でも、とても頭を使うゲームです。面白い!

チームを組んでニワトリを運べ! 3vs3〈ニワトリ泥棒〉

ニワトリ泥棒――エリアのどこかにいるニワトリを指定の場所まで運ぶというルール。

それだけ聞くとほんわか牧場ものと思われるかもしれないが、その内容はプレイヤー同士でチームを組んで協力する3vs3のニワトリ争奪バトル。

赤チーム、青チームと別れていて、中央エリアには赤のニワトリ、青のニワトリ、それぞれ3羽が放たれている。そのニワトリをチームで協力して自分の陣地まで運ぶ。その際、ニワトリを運ぶ相手を直接攻撃やビットによって妨害することができる。

率先してニワトリを運ぶのも良し、ニワトリはほかの人に任せて相手の運搬を邪魔するも良し。

仲間の間で意思表示できるスタンプを出すことができるので、自分はこうしたい、仲間にこれをしてほしい、などという簡単な要求もできる。

相手の城をぶち壊せ! 3vs3 チームワークが要求される〈攻城バトル〉

攻城バトル――3人1チームで相手の城を直接攻撃、ビットの攻撃で壊すというルール。

当然だが、相手チームも自分の城を壊しにくるため、誰かが攻めて誰かが守りをしなければならない。攻めを厚くするか、守りを固めるかで戦況が大きく変わる。

ニワトリ泥棒と違い、相手の目をかいくぐってクリアを目指すということがほぼ不可能であるため、ビットのカードの切り方がもっとも重要なゲームとなっている。

プレイヤーは3人しかいないが、ビットを駆使すれば大勢での攻撃が可能となる。

血で血を洗う戦い! 味方はいない〈バトルロワイヤル〉

バトルロワイヤル――一番キル数が多いプレイヤーが勝つというルール。

徐々にフィールドが狭くなっていき、最後は小さいエリアで戦うことになる。こういったフィールドの幅を考えて、ビットの召喚を考慮しなければならないのも重要だ。

基本は4人対戦であり、2回倒されたらゲーム終了となる。

活動可能なエリア内であれば自由に動き回ることができるため、乱戦を避けて、HPが少ないプレイヤーを狙うのもいいかもしれない。

個性的な見た目、ボイス! ゲームにもっとも重要なキャラ「ビット」

ゲームのカギを握るキャラクター「ビット」

自分が実際にプレイしてみて、ゲームシステムといった使用感ではなく、単純に魅力的に感じたものは「ビット」の個性的なキャラクター性でした。

見た目も去ることながら、とくに「ビット」の魅力を際立たせるのがボイスです。

ポップで軽快なボイスは聴いていて、病みつきになります。

ただの鳴き声ではなく、プレイヤーではる私たちにとってはどこか聞き覚えのあるようなないような不思議な声です。

アーチャー「ちょーっ!」「やんやっちー!」「なおぽっくぅ!」

チビクロ「ちびなれす!」「おちびくす!」「みにくろの!」

ウォーカーマシン「あれちゃうちゃう!」「ふぉー!」「ぽうぉー!」

 
 

え、超かわいい!

すごくよくないですか……?

文字だけなのでボイスの感じは分からないですが、声質も想像よりも斜めうえを行く良きものなので、ぜひ実際に聞いてみてください。

レッドドラゴン「わしーおまえー!」「ばろーじゃねえか」「ぢきしょうどらー!」

これに限っては、完全におっさん。

けれど、使っていて耳に残るボイスです。

とにかく、「ビット」は使っていくうちにどんどん愛着がわいていくキャラクターです。

ポップで軽快、そして可愛いキャラクターを使って、バトルを楽しみたい! という方におすすめ!

ガンビット

 

ガンビット
開発元:Asobism.Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ
 

関連記事

【ガンビット攻略】初心者おすすめビットを紹介。最強ビットを強化して、バトルに勝とう!

2019年9月29日

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    巴瀬 春哉(ともせ しゅんや) 文芸とサブカルチャーが好き。 宮城県生まれ東京在住の22歳。 本には詳しくないが、本は好き。おもに映画、漫画、ゲーム、小説のことをブログに書いている。 ご連絡はお問い合わせからお願いします。